村田歯科医院の黒岩先生が来訪してくださいました。

村田歯科医院の黒岩先生が来訪してくださいました。

黒岩先生は全国各地で講演をしており、講演時にタンポポの「やわらか食」や「えんげ調整食」を使用していただいています。

今回はタンポポのえんげ調整食が「口腔内でどのように飲み込まれるか」をVE動画(嚥下内視鏡検査動画)で見せてくださいました。

病院の患者さんに食べている口腔内の動画です。

動画で見ることで、口腔内での物性(ばらけ方や付着性など)を視覚的に捉えることができます。
また、痰を取り除き、飲み込むためのキレイな咽頭にすることや口腔ケアの重要性を感じました。

痰がからまった咽頭では、どんな食事であっても痰とからまって誤嚥する可能性高まります。

「食べる」には、安定した物性の食事だけでなく、姿勢、口腔ケア、咽頭ケア、食事介助といった様々なケアがあり、「食べる」だけでも多職種連携が必要だと感じました。

より安全な食事を提供するには、提供者側が知ることが重要であり、逆に、知らないということは命に繋がる危険があることを強く感じされてもらいました。

黒岩先生お忙しい中ありがとうございました。
大変勉強になりました。