ケア・トレーナー養成講座の講師

 
遠藤管理栄養士が、「ケア・トレーナー養成講座」の講師をしました。
本講座は、㈱リフシアの介護職向け社内認定資格です。
 
 

内容は、「生活支援型リハビリケア」を展開するための知識を習得します。
資料作成・講師は、リフシアの各専門職が担当し、試行錯誤しながら作っています。
 
タンポポでは、認定栄養ケアステーション事業の一環として「栄養・嚥下の知識」の講座を担当しました。
 
「栄養・嚥下の知識」講義は、13名の受講者が来てくださいました。
 
 
 
90分間で勉強する内容は、低栄養・フレイル予防と誤嚥予防を中心としています。
構成は、受講者が普段の仕事で積まれている経験と知識が結びつくようイメージしました。
 
 
普段あたりまえにしている仕事が、どのような意味があり、どんな危険があるのか。ちょっと意識することで提供するサービスが向上します。
 
頸部伸展での嚥下体験では、「こんなに飲みこむのが恐いとは思わなかった。」や質疑応答では、「普段現場で気になっていたが聞く機会のなかったことを知ることができて良かった」などの声がありました。
 
リフシアグループでは多職種連携を積極的に実施しています。
 
タンポポは地域での多職種連携にも積極的に参加します。
お気軽にお声かけください。